Chen Laboratory

陳研究室(Ubiquitous Computing lab.)はユビキタスコンピューティングを研究しています。

新しいバージョンのGoogleサイト

  • 編集はGoogle ChromeとFirefoxのみが対応
  • 保存容量とファイルサイズの制限は無し
  • あらかじめ設定されたテーマが多数
  • レスポンシブ対応
  • Googleドライブ対応

Googleサイトでポートフォリオを作る

あらかじめ@ditu.jpのGoogleアカウントにログインして、下記のGoogleサイトのページにアクセスする。

https://sites.google.com/new

「生徒向けポートフォリオ」というテンプレートをクリックして編集画面が表示される。

PowerPointやKeynoteでスライドを作成するような直感的な操作で編集可能。さらに、新しいバージョンのGoogleサイトは、Googleドライブと連動し、編集した作業は随時Googleドライブ上に保存されるので、初心者の方でも簡単にホームページ作成を始めることができる。

Googleサイトを公開

ホームページが完成したら、アドレスを設定して公開することができる。

まず、画面右上の「公開」をクリックして、任意の文字列のウェブアドレスを設定し、アドレス欄の右端にチェックマークが表示されていれば、使用可能が、学籍番号の文字列がお勧めする。アドレス決定後に「公開」ボタンを押すと、ホームページが公開されます。公開アドレスは次のURLになります。

https://sites.google.com/ditu.jp/[学籍番号]

一度サイトが公開されると「公開」ボタンの右に三角のアイコンが表示される。このアイコンをクリックすると、公開のオプション設定や一時停止などが可能。

画面右上の「他のユーザと共有」アイコンをクリックして、公開範囲の設定が変更可能です。

アクセスできるユーザは、公開になっているが、右の変更をクリックして、必要に合わせて変更可能である。

Googleサイトの見本

これらサイトの見本は、テンプレートを利用して、ちょっとカスタマイズするだけであり、一部のサイトはログインが必要である。